医療

組織内の免疫応答とは

免疫応答というのは、体内の組織で起こる免疫の働きです。
外から入ってきた病原菌やアレルゲンなどはもちろん、体の内側で発生したがんなどについてもこの働きは起こります。

免疫イメージング技術の研究開発が進むまでは、この免疫応答の働きというのを目で見て確認するということは不可能なことでした。

ですから、理論上こうしたやり方で免疫応答というのはされるのだろう、というふうにはいえたわけですが、実際にどういうきっかけでそれが引き起こされて、
どこにどのような方法で伝達されて、そして反応が進むのか、ということについては確かなことは分かっていなかったのです。

しかし、これを特殊な顕微鏡を使うことで目で見て分かる形にすることが可能となりました。
その結果、免疫応答の反応を免疫細胞の動きを追いながら観察することができるようになったのです。
免疫というのは、体内に入り込んだ異物や体内で発生した異物などの抗原に発揮されます。

つまり、病原体などを駆逐していくわけですが、この時どのようにすればその抗原をやっつけることができるのか?ということの記録を取っています。
一度かかったことのある病気には次回はかかりにくいということがありますが、それはこの記録によるわけです。

しかし、中にはこうした免疫の働きがうまく機能しないというケースもあります。
今までであればそうしたケースに対応することはほとんど不可能なことでした。
その時々の症状を抑えるということはできたとしても、免疫の機能を回復させるというところまではなかなかその方法が分からなかったのです。

そこで役立っていきそうなのが、この組織内で起こる免疫応答の働きを視覚的に捉えることのできる技術です。
これによって免疫応答の詳細が理解できるようになってきていますので、これが医療の現場で実際に活用されるようになる日も近いでしょう。

このように今までは目に見えなかった細胞組織内での免疫の働きも、免疫イメージング技術の進歩により観察ができるようになってきています。

Menu