医療

がん細胞と免疫細胞の関係

がんというと非常に恐い病気というイメージがあります。
日本国内での死因の第一位になっている病気ですし、一度発病してしまうとたとえ手術に成功したとしても、再発や転移などによって長い期間治療をしていかなければいけないというイメージもあります。
また、進行度合いによっては非常に短期間のうちに死に至ってしまうかもしれない、というところも恐い病気という印象を強めているでしょう。

こうしたがんの治療というと、手術によって摘出するですとか、副作用の強い抗がん剤治療をするとか、放射線治療を行うといったことがあげられます。
免疫の機能が落ちてくるとがんにかかりやすくなるということはいまや常識になってきています。

免疫には液性免疫と細胞性免疫の2種類があるとされていますが、がん細胞に働きかけるのは細胞性免疫の仕組みの方です。
また、最近の研究では免疫細胞のマクロファージががん細胞の働きによって、逆にがんを活性化させるための働きをし始めるという作用も発見されています。

こうした免疫とがん細胞との相互作用が解明されてきている中、がん治療に免疫の力を活用するという方法も研究されています。
ではそれはどのような研究かというと、NKT細胞という強力に免疫増強をする作用でがんに攻撃をするリンパ球の一種に焦点を当てていくというものです。

具体的にはNKT細胞を活性化するアルファ・ガラクトシルセラミドという物質を取り込ませることで、がんを攻撃し小さくする・現状維持をはかるといった方法です。
こうした新しいタイプのがん治療の開発ができるようになったのも、免疫イメージング技術の進歩によるものです。

というのも、視覚的にがん細胞と免疫細胞がどのようなやり取りをしているのかといったことが捉えられるようになるまでは、なかなかこうした治療方法の研究も進んでいかなかったからです。
現在では臨床研究もされていて、特に患者数が多く、再発する方も多い肺がんの治療において、生存期間が長くなるなど一定の成果が見られているそうです。

今後は他の部位のがんなどにおいても同じように成果が見出せるのか、といった研究が進められていくようです。

Menu